体重を落としたいのになかなか効果が現れないという人がたくさんいます。
体重を落とすためには食事制限をする必要がありますが、そのような苦労をしなくても痩せることができる薬があります。
食べながら痩せるには、グルコバイという薬を服用すると効果があります。
この薬は、食後の血糖の上昇を抑える薬で糖尿病の治療に使われています。
この薬を服用することによって、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができます。
この作用は腸からの炭水化物の消化や吸収をゆっくりと遅らせると言うことにつながります。
インスリン分泌量の節約にもなるので、膵臓に負担をかけないということになります。
糖尿病の人は毎日の血糖値を適正値に保たなければいけないので、この先起こる可能性のある合併症の対策にもなります。
この薬を服用する際には、アレルギーのある人は医師に相談するようにします。
服用に関して注意をしなければいけない人は、胃腸の安静を必要とする人です。
それはどのような状態なのかというと、腸閉塞や腸に癒着のある人や胃腸の手術をした人です。
このほかに糖尿病性昏睡のある人や、妊娠中の高血糖の場合には、インスリン注射を行います。
ビーファットという薬がありますが、これはアメリカで開発されたダイエット医薬品です。
食べても太らない肥満のための治療薬として使われています。
脂肪の分解を阻止することができ、食事で摂取した脂肪の30パーセントを体外に排出できます。
ビーファット 副作用の症状としては、ビタミンEなどの脂溶性栄養素の吸収が減少してしまいます。
そして胃腸が膨張したり油分や脂肪分を含んだ便が出ます。
特に肝機能の弱い人や食物アレルギーのある人は、医師に相談して服用するようにします。